歯を白くするおすすめの方法は?

白くてキレイな歯は清潔感があり、とても好感が持てます。逆に歯が黄色いと、不潔な感じがしたり、実年齢よりも老けて見えますよね。白くてキレイな歯を望む人は多いですが、きちんと歯磨きしてもなかなか白くならないものです。あなたもそんな不満を感じているのではないでしょうか。

黄ばんでしまった歯は、普通に歯磨きするだけではなかなか白くなりません。歯の黄ばみはステインという着色汚れが原因なのですが、これは普通に歯を磨くだけでは取るのが難しいのです。ステインを取るためには歯のホワイトニングをしなければいけません。歯を白くする方法をホワイトニングと言います。

歯のホワイトニングをするには、以前は歯科医院へ行って行うしかありませんでした。歯科医院で行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングと言います。歯科医院でのオフィスホワイトニングはとても高額です。1度のケアで数万~10万円以上もかかります。そこで自宅で行うホームホワイトニングが登場しました。

ホームホワイトニングにも2種類あります。1つ目は、歯科医院でマウスピースを作ってもらい、自宅でマウスピースに薬剤を詰めて装着する方法です。マウスピースを作ってもらう場合も、オフィスホワイトニングほどではありませんが、費用は数万円程度と高額になります。
2つ目は、ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉を購入して使用するものです。ジェルなら数千円ほどホワイトニングを始めることができます。当サイトでは、お手軽なホワイトニングジェルでのホームホワイトニングをおすすめしています。

ホワイトニングジェルのメリット

ホワイトニングジェルのメリットは、歯科クリニックでのホワイトニングよりも安くできることです。様々な種類がありますが、3千円程度からホワイトニングを始めることができます。

逆にデメリットは時間がかかることです。オフィスホワイトニングはケアをしたその日のうちにある程度は効果がでますし、マウスピースを作ってもらうホームホワイトニングでは1~2週間ほどで効果が出てきます。しかし、ホワイトニングジェルは1ヶ月くらい続ける必要があります。歯科医では強い薬剤を使うので効果が高いのですが、ホワイトニングジェルは刺激の弱い成分を使うので効果が出るまでに時間がかかるからです。また、歯科医で使う薬剤は刺激が強いため、虫歯がある場合は先に治療をしてから出ないとホワイトニングができません。

オフィスホワイトニングは短期間で効果がでますが、クリーニングしてそれで終わりです。そして時間とともにまた少しずつ歯が汚れてきます。汚れてきたら再び歯医者に行ってクリーニングしてもらわなければいけません。そのため、トータルのコストはかなりの高額になります。マウスピースタイプも同様に時間がたつと歯が汚れてきます。
ホワイトニングジェルは白くなった後でも、予防的に使うことができます。一度白くなった後も使い続けることができるので、ずっと白い状態をキープすることが出来るというメリットがあります。このような理由でホワイトニングジェルがおすすめです。

ホワイトニングジェルの選び方

ホワイトニングジェルを選ぶときに大切なポイントがあります。それは、研磨剤が入っていないものを選ぶことです。研磨剤は歯のエナメル質を削ってしまうからです。歯が硬くツルツルしているのはエナメル質のおかげで、これにより虫歯になるのを防いでいます。エナメル質に傷をつけてしまうと虫歯になりやすくなるだけでなく、その傷に汚れがたまり黄ばみやすくなります。

ステイン除去する成分を配合し、研磨剤を使っていないホワイトニングジェルを選びましょう。また、綺麗になった後に再び汚れが付着してしまわないよに防いでくれる成分が入っているとさらに良いです。

ホワイトニングジェルおすすめランキング

医薬部外品ホワイトニングジェル

3,980円
(1ヶ月分)
送料無料
歯を白くする 口臭予防 むし歯予防 医薬部外品

歯を白くするだけでなく、虫歯予防や口臭の予防をトータルにケア。厚生労働省に認可された医薬部外品。歯を白くする効果や虫歯・口臭・歯周病などを予防する効果が認められています。 ポリアスパラギン酸(PAA)が歯の汚れや口臭の原因となるタンパク質と反応し、通常の歯磨きでは落ちない歯の黄ばみやステインを除去。 リンゴ酸が歯に汚れをつきにくくし、歯を美しいままに保ちます。 新規成分「GTO」がむし歯、歯周病、歯肉炎や口臭の予防に効果を発揮。

有効成分 ポリアスパラギン酸、ビタミンC+リンゴ酸、GTO
1日あたりの価格 133円(定期コース2回目以降なら166円)
Wのホワイトニング成分がステイン付着防止

初回1,980円
(約1ヶ月分)
通常3,500円
10日間返金保証
歯を白くする 口臭予防

ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムが歯の表面に付着したステインを浮き上がらせて、汚れが再付着するのを防ぎます。 パパイン酵素が歯の表面のタンパク質汚れを落とします。

有効成分 ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、パパイン、ソープナッツ
1日あたりの価格 66円(定期コース2回目以降なら99円)
3つの酸の働きで歯のステイン除去

3,240円
(2週間分)
2回目以降6,480円
歯を白くする 口臭予防

ポリリン酸・メタリン酸・リンゴ酸の3つの酸がステインを引き剥がします。薬用成分IPMPが歯周病菌の巣まで浸透・殺菌。研磨剤を使用していないため歯のエナメル質を傷つけません。刺激の少ない成分から作られているので、安心して使うことができます。

有効成分 ポリリン酸、メタリン酸、リンゴ酸
1日あたりの価格 116円(定期コース2回目以降なら231円)
歯を白くする4つの天然由来成分配合

3,980円
(約1ヶ月分)
2回目以降4,980円
歯を白くする

歯を白くするココナッツオイル、茶カテキン、ウーロン茶ポリフェノール、パパインの主成分に、6つの植物性オイル、16の植物成分など、オーガニックにこだわった天然由来成分をたっぷり配合しています。研磨剤不使用で、歯を傷つけず安全です。

有効成分 ココナッツオイル、茶カテキン、ウーロン茶エキス、パパイン
1日あたりの価格 133円(定期コース2回目以降なら166円)
3つの成分のパワーでホワイトニング

2,750円
(約1ヶ月分)
2回目以降5,500円
60日間返金保証 *都度購入プランのみ
歯を白くする 口臭予防 むし歯予防 医薬部外品

日本製の医薬部外品ホワイトニング美容液。研磨剤・漂白剤・発泡剤フリーで歯に優しいので安心して使用できます。ポリアスパラギン酸ナトリウム、リンゴ酸DL、アスコルビン酸(ビタミンC)のトリプルパワーで歯の黄ばみ・汚れを除去し、再付着を防止します。

有効成分 ポリアスパラギン酸ナトリウム、リンゴ酸DL、アスコルビン酸
1日あたりの価格 92円(定期コース2回目以降なら183円、都度購入プランなら283円)
3つの酸で歯を白くする薬用ホワイトニングジェル

初回2,400円
通常4,800円
歯を白くする 口臭予防 むし歯予防 医薬部外品

ポリアスパラギン酸ナトリウム(PAA)・リンゴ酸、ビタミンCが歯の黄ばみやステインを除去し、歯を白くする薬用のジェルタイプのホワイトニング美容液。ウーロン茶抽出物・ホップエキスからなる新成分「GTO」が口内リスクを予防し、有効成分アラントインが、虫歯の原因になる歯周病も予防します。

有効成分 ポリアスパラギン酸ナトリウム、リンゴ酸、ビタミンC
1日あたりの価格 80円(定期コース2回目以降なら160円)
分割ポリリン酸が歯の表面をコーティング

2,723円
歯を白くする

歯の黄ばみ・汚れの原因ステインを浮かせて剥がす注目の成分・分割ポリリン酸を配合しています。ホワイトニング時に歯の痛みを感じにくく、ポリリンコーティングで歯の表面への色素沈着を抑えることができます。歯への刺激が弱いので安心して使うことができます。

有効成分 分割ポリリン酸
1日あたりの価格 91円
歯の黄ばみ除去成分PAA高配合

1,980円
(約1ヶ月分)
2回目以降4,773円
歯を白くする 口臭予防 むし歯予防 医薬部外品

歯の黄ばみの原因ステインを除去・再付着を防ぐポリアスパラギン酸(PAA)を高配合した歯磨きジェル。 ウーロン茶エキス、イソプロピルメチルフェノール等の成分が歯と歯茎にじっくり浸透し、虫歯や口臭を予防します。研磨剤・漂白剤・発泡剤不使用で、国の機関で認可されている成分のみを使用しているので安心して使用できます。

有効成分 ポリアスパラギン酸
1日あたりの価格 66円(定期コース2回目以降なら159円)
スウェーデン生まれのホワイトニングペースト

定期価格3,980円
送料無料
通常価格5,980円
歯を白くする 口臭予防 医薬部外品

着色汚れの原因ステインを浮かせて落とし、歯をコーティングする成分ポリリン酸ナトリウムを配合した、スウェーデン生まれのホワイトニングペースト。口臭・歯肉炎を予防するイソプロピルメチルノール、グリチルリチン酸ジカリウムや、歯ぐきを血行促進・活性化させるビタミンE酢酸エステルを配合し、口内を健康へ導きます。

有効成分 ポリリン酸ナトリウム
1日あたりの価格 133円(定期コース)
歯科医監修本格ホワイトニング

初回2,980円
通常6,000円
10日間返金保証
歯を白くする 口臭予防

歯科医監修本格ホワイトニングが自宅でできる歯磨きジェル。 アルカリ性のカルシウムイオンに包まれたケイ素・圧縮酸素が歯の黄ばみの原因であるステインを除去します。 茶カテキン配合で口臭も予防します。研磨剤不使用で、歯が傷つかないので、歯に汚れが再付着するのを防止することができます。

有効成分 アルカリ性カルシウムイオンコートケイ素・圧縮酸素
1日あたりの価格 99円(定期コース2回目以降なら166円)

人気のホワイトニングジェルをおすすめ順に紹介しています。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングがおすすめの理由

ホワイトニングと同時に虫歯予防

一般的にホワイトニングジェルというのは、歯を白くする効果しかありません。しかし、ちゅらトゥースホワイトニングは歯を白くするだけでなく、虫歯予防の効果もあります。しかも、厚生労働省が認定した医薬部外品で、歯を白くする効果や虫歯予防の効果、口臭の予防、歯周炎(歯槽膿漏)の防止などが認められています。お口の中をトータルにケアできるホワイトニングジェルなのです。

歯を白くする効果が高い
歯が黄ばんだり黒ずんだりする原因は、ステインや着色汚れが歯に定着することです。ちゅらトゥースホワイトニングは、ポリアスパラギン酸を配合し、ステインなどを浮かせて剥がします。さらに、リンゴ酸を配合しているので、再び着色汚れがつくのを防ぎます。

新規成分GTOが虫歯を予防
ウーロン茶抽出物とホップエキスからなる新成分「GTO」を配合。GTOが虫歯の元凶となるGTase(不溶性多糖類合成酵素)を阻害し、虫歯のリスクが大幅に軽減することが研究で確認されています。

安全性が高い
研磨剤や刺激の強い成分を使用せず、安全に作られています。研磨剤を含んでいると、歯のエナメル質を傷つけるので、黄ばみ汚れの原因や虫歯の原因となります。

口臭予防、歯周病予防
ビタミンCを配合し、歯茎を健康な状態へ導きます。さらにアラントインが歯ぐきの腫れや炎症を抑え、歯肉炎を予防。さらにシメン-5-オールが口の中の雑菌を減少させるので、口臭を予防してくれます。

コスパが良い
歯科医院でのオフィスホワイトニングやホームホワイトニングよりもかなり安くホワイトニングできます。歯を白くするだけでなく、虫歯予防や様々な効果があるので、他のホワイトニングジェルや歯磨き粉と比べてもコスパが高いです。

このように、薬用ちゅらトゥースホワイトニングはトータルなマウスケアができるので、人気が高くおすすめ度No.1です。

歯のホワイトニングジェル使用でよくある失敗

ホワイトニングジェルを使用して、歯を白くするには、1日2回の使用で約2-3ヶ月継続して使用し続ける必要があるといわれています。
(歯が白くなったと違いを実感するには、使用者の歯の汚れ度合いや汚れ方によっても個人差があります。)

よくある失敗としては、1ヶ月程度試しただけで、歯の色の変化を実感しないからといって、使用をやめてしまうことです。 個人差もありますが、1ヶ月程度の短期間の使用だけで判断をせずに、最低でも2-3ヶ月は継続して使い続けるのがポイントになります。

ホワイトニングジェルを販売している会社の多くは、お得な定期コースを設定していますが、3ヶ月程度の継続を条件としています。 ちょっとお試ししたいと考えている方は、継続を条件としないものを購入するのも1つの方法ですが、短期間での効果の判断はおすすめできません。
ホワイトニングジェルを使って本気で歯を白くしたいと考えている方は、約2-3ヶ月程度継続してから効果を判断しましょう。


薬用ちゅらトゥースホワイトニングを定期コースで購入すると、最低3ヶ月間、送料・手数料無料でお得な価格で続けることができます。 歯を白くする効果だけではなく、口臭予防や歯周病予防等の効果をしっかりとお得に確認することができるのでおすすめのホワイトニングジェルです。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング 詳細はこちら

健康な歯にするために

丈夫な歯を保つためにはエナメル質を傷つけないことが大切です。加齢とともにエナメル質が摩耗してくると、その下にある象牙質が見えてきます。象牙質はクリーム色なので、全体的に歯がくすんだように見えます。また、象牙質は柔らかいため、エナメル質に穴が開くとすぐに虫歯になってしまいます。健康な歯のためには、ホワイトニングや通常の歯磨きでエナメル質を傷つけないことが重要です。

「歯を白くする方法【おすすめのホワイトニングジェル】」について
綺麗な歯に憧れる人は多いです。歯をきれいにするためには、黄ばみ汚れや黒ずみを落とすようなケアをしなければいけません。そのためのグッズやアイテムが色々と発売されています。 葉の汚れを落とす消しゴムのようなものも売られています。歯をゴシゴシこするのはあまり良くないです。それでステインがとれることも少ないですし、歯を傷めてしまうことにもつながるからです。絶対にやってはいけないことは紙ヤスリのようなもので歯を削ることです。歯のエナメル質をけずってしまうので、虫歯や汚れがつく原因となりますし、冷たい水や熱いお湯がしみて痛みを感じる可能性もあります。 歯に塗るマニキュアというものがあります。白いマニキュアを塗ることで綺麗に見せるというものです。しかし、不自然なほど真っ白く見えてしまうことが多いです。テレビに出演している芸能人やアイドル、有名人、アナウンサーなどで、おかしいくらい歯が白い人がいますが、マニュキュアを塗っているのではないでしょうか。 歯ブラシは柔らかめ、硬めといろいろありますが、どれを使ったとしても力を入れすぎて磨くのは良くないです。力を加えすぎると歯やエナメル質を傷つけるからです。磨き過ぎで知覚過敏になることも多々あります。優しくこまめに、磨き残しがないようにブラッシングすることが重要です。 歯磨き粉はジェルや液状のものが良いです。歯磨き粉は泡立ちが良すぎて、十分にみがかなくても磨いた気になってしまうからです。またジェルタイプは透明なので、塗ったときに鏡などで確認しやすいのでおすすめです。 ホワイトニングジェルを選ぶときは、ステインを浮かせて取り除くことができるような成分が配合されているものを選びます。 スーパーやドラッグストアで売っている安いものより通販で売っているものの方が質が良いです。低刺激で歯や歯ぐきに優しい成分というのは、少し高価になるため通販を利用することになります。ドラッグストアで売っているものはテレビCMなどに莫大な広告費をかけるため、製品に配合する成分を安くしてを落とすことになるからです。大量生産されているものは、刺激の強い化学成分や研磨剤が入っているものが多いです。ネット通販ではCMではなく商品自体にお金をかけるため質が良い物が多いのです。化粧品などでも最新の成分が入っているのは通販の商品だったりします。
2016
歯を白くきれいにするにはホワイトニングをします。顔の肌のシミを消す美白という意味のホワイトニングもありますが、ここで言うホワイトニングは歯についての効果を指しています。永久歯の汚れや黒ずみを漂白して綺麗にします。乳歯については、生え変わるので無理にホワイトニングをする必要はないと思います。 ホワイトニングジェルを試す前は本当に効くのか疑問に思うかもしれません。ですから効果が認められている医薬部外品から初めてみると良いでしょう。ホワイトニングジェルなら自宅でセルフケアができるので、気軽に始めることができます。商品によって、やり方は様々ですが、歯ブラシに塗って磨くだけのものが多く、どれも家に居ながら簡単に出来るものばかりです。歯医者に通うのは面倒ですが、通販なら家まで届けてくれます。 必要な回数ですが、オフィスホワイトニングは1回である程度効果が感じられますが、他の方法は2週間から1ヶ月ほど繰り返し行います。その後、どの程度の期間白さを保てるかについては方法による違いはありません。どの方法をとったとしても、完了してから時間が経つと再び汚れが目立つようになります。唯一ホワイトニングジェルに関しては、使い続けることで白さを保つことも可能です。 もし歯医者に通ってトリートメントしてもらうなら、まずは口コミでその歯医者さんの評判を調べると良いでしょう。歯科クリニックによって実力が全く違うため、口コミでの評判を確認するのは重要です。 歯を綺麗にする医療行為を審美歯科と言います。国民健康保険が適用されないので、高額になります。保険が効かないといえばインプラント治療も同様です。最近ではホワイトニング専門の歯科クリニックが登場しています。その1つが恵比寿と池袋にあるミュゼホワイトニングです。低価格なオフィスホワイトニングを売りにしています。しかし、詳しく見てみると、一般的な歯科医院で行うホワイトニングとは違います。歯科医院では過酸化水素を主成分とする薬剤でケアするため効果が高いです。しかしミュゼホワイトニングではポリリン酸によるものなので、一般的な歯科医院でのホワイトニングほど効果はありません。ポリリン酸ならホワイトニングジェルでも変わりないでしょう。 虫歯を防ぐには歯の間や歯ぐきの隙間をキレイにすることが大事です。そのためには歯間ブラシやデンタルフロスが有効です。歯の裏側は確認しにくいですが、裏側も磨き残しの内容にしっかりお手入れしましょう。裏側をきれいにすることで口腔内を清潔に保ちます。 ホワイトニングするときに本当に白くなるのか不安という方もいるでしょう。オフィスホワイトニングに関しては過酸化水素などの強い薬剤を使うのでその日のうちにある程度白くなります。ホームホワイトニングにしてもオフィスホワイトニングほどではないですが強い薬剤を使うので2週間ほどで効果が出てきます。ホワイトニングジェルやホワイトニング用歯磨き粉は、刺激が弱く安全な成分を使っているため、効果がでるまでには時間がかかります。大体1ヶ月ほどと言われています。医薬部外品に認定されているものなら、歯を白くする効果が認められているのでおすすめです。自分で出来て、自然な白さになるのも人気の秘密です。最近では芸能人もホワイトニングジェルを使う人が増えてきてブログなどで紹介していることもあります。忙しい芸能人はオフィスホワイトニングに通う時間もないからでしょう。 歯を白くする方法は、同時に歯が汚れないようにすることでもあります。一度変色した歯は白い状態に戻すのが難しくなるので、汚れないように予防することが大切です。特に歯並びの悪い方は磨き残しのないようにし、歯石や黒ずみができないようにしましょう。歯間ブラシやデンタルフロスを使うのも有効です。 コーヒーや紅茶が好きな人や煙草を吸う人にとって、歯が黄ばんでしまうのは共通した悩みです。急須でお茶を入れる人は分かると思いますが茶渋がついて汚れています。同様にタバコを嗜む方は壁がヤニで黄色や茶色くなることをご存知でしょう。カレーやチョコレートでも同様です。ポリフェノールに含まれる色素がステインの着色汚れとなって歯が汚れるためです。 ホワイトニング用のグッズやアイテムは実に様々なものがあります。歯を白くするガムも販売されています。ガムで口臭対策をしたり虫歯予防ならイメージできますが、ホワイトニング用のガムというのは本当に効果があるのでしょうか?ガムを噛むと歯のクリーニングが出来るのでしょうか?口コミを見てもあまり効果があるという報告はありません。 ホワイトニング用のシート(シール、テープ)は、表面に漂白剤が塗ってあり、それを歯に貼ってケアします。オフィスホワイトニングで使用する薬剤(過酸化水素)の濃度が低いものが塗られています。薄められているので刺激は弱くなっていますが、効果も弱まっています。刺激が弱いといっても痛みを感じることがあります。商品としてはクレストなどがあります。 ホワイトニングジェルは歯ブラシに塗って歯磨きをするように使うものが多いです。特に難しいことはなく簡単なので気軽に始められます。優しくみがくだけでステインやヤニを取り除き歯の黄ばみを解消します。必要な回数は商品ごとに違いますが、1日に2~3回がほとんどです。 重曹で歯を磨くと白くなるという情報が流れています。重曹とは炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のことです。膨張剤としてパンやお菓子に作りに使われることもあり、ベーキングソーダや膨らし粉とも呼ばれます。キッチンの掃除に使うと油汚れがよく落ちたり、水回りのぬめりを落としたりするといった豆知識や裏ワザで有名です。また、お風呂の入浴剤にするとデトックス効果があると言われています。このように様々なことに使える重曹ですが、ホワイトニングのために使うのはおすすめしません。重曹をハミガキ粉のようにして使うと、確かに一時は白くなります。しかし、研磨剤と同様にエナメル質を傷つけることになるのでやってはいけません。もし使うとしたら、重曹でうがいをする程度にしましょう。重曹を水に溶かしうがいをすると虫歯の予防になると言われています。 簡単なケアでおすすめのジェルをランキング形式にまとめています。綺麗な歯は印象がとても良いです。特に前歯はよく見える部分ですから汚れていると台無しです。ちょっとしたことですが好印象を与えられるならやらない手はないですね。 虫歯が進行すると歯の神経を抜く治療が行われます。神経が抜かれると歯はだんだんとくすんできます。白い歯を長持ちさせるには、なるべく虫歯にしないことが大切です。また神経が死んだ歯は徐々にもろくなってくるので、食事中に欠けてしまうこともあります。 薬局やドラッグストア等で手に入るホワイトニング用の歯磨き粉には、TO BE WHITE、ステインクリア、ティースなどがあります。口コミなどの評判ではそれほど効果を感じていないようです。 妊娠中に歯のホワイトニングをして良いものか、妊婦さんなら当然悩みますよね。妊娠中のホワイトニングについては業界でもまだ決まった解答が得られていません。まだ調査・研究段階ということです。もしホワイトニングしたいなら、オフィスホワイトニングではなくホワイトニングジェルが良いでしょう。オフィスホワイトニングは強い薬剤を使いますが、ホワイトニングジェルなら刺激の弱いものが殆どだからです。自然の成分から作られているものもあるので、そのようなものを使うのが安心でしょう。結婚式に出席するなど、どうしても急がなければいけないときは歯医者さんにオフィスホワイトニングについて相談してからにしましょう。 海外(特にアメリカ)では歯の見栄えをとても大事にします。歯並びが悪いと子どものうちから矯正することも多いです。歯並びは大人になってから矯正するよりも子供のころに行ったほうが早く治ります。詳しくは小児歯科などに相談してください。海外から輸入したグッズもありますが、きちんと使い方を守ることが大切です(適量を使う、1日の使用回数を守るなど)。歯並びが悪いと見た目の印象も悪くなります。アメリカでは見た目で、その人が仕事ができるとか自制心があると判断されるため歯並びにも気を使うのです。また、歯並びが悪いと虫歯になりやすいです。歯並びが悪いと食べ物が隙間に挟まったり、ハミガキしたときに磨き残しが出たりするからです。歯並びを治すのは、歯の健康のためでもあります。 最近ではエステサロンなどでもホワイトニングを扱うようになっています。当然、歯科医院のような強い薬剤は使いません。過酸化水素などの強い薬は歯科医などの資格をもった人でなければ扱えないからです。もし資格を持たずに扱ったら違法行為になる可能性があります。ですからエステのホワイトニングではオフィスホワイトニングのような効果はありません。サロンごとに内容が異なるので一概には言えませんが、ホームホワイトニングと同じような効果と思われます。エステのメニューには口内洗浄、ブラッシング、専用ジェル、LEDライトなどがあります。 セラミックの歯や差し歯はホワイトニングできないことがあります。オフィスホワイトニングのように過酸化水素で漂白をするタイプのものは、セラミックの歯をホワイトニングできません。ホワイトニングジェルなどの汚れを浮かせてはがすタイプのもので行います。 ブリッジ治療をした歯をホワイトニングできるでしょうか?ブリッジに対してホワイトニングをしても、白くはなりません。変色してしまったブリッジは表面を削るか、もしくはブリッジをやり直すしかありません。もしホワイトニングすればブリッジはそのままの色で、他の自然の歯(自分の歯)は白くなるのでブリッジの色が目立つようになるかもしれません。 差し歯のホワイトニングは出来るのでしょうか?残念ながら、差し歯が変色した場合はホワイトニングをしても白くはなりません。 虫歯治療などで神経を取り除いた歯は黒ずんでしまうことがあります。このように神経を取ったり、神経が死んでしまった歯をホワイトニング出来るのでしょうか?神経の無い歯には歯科医で行うウォーキングブリーチという方法があります。歯の穴の中に漂白剤を入れるというものです。しかし確実に白くなる保証はないそうです。 子供用の甘いハミガキってどうなのでしょうか?子供用ハミガキで甘い味がするのはキシリトールが入っているからです。キシリトール等の人工甘味料は砂糖と違い虫歯の原因にはなりません。 ホワイトニングジェルを選ぶ時に安さを重視する方も多いでしょう。しかし、あまりに安いものは質の悪い成分が使われています。簡単に言うと工場で大量生産できる工業製品の様な成分です。逆に自然のもので安全性の高いものは価格は高くなります。何故かと言うと、自然のものというのは大抵は植物などから抽出されるので、大量生産ができないからです。ヨーロッパの方では自然の成分であるだけでなく、オーガニックであることも重要視されています。そのため格安なものでなく、適正な価格の物を選ぶのが良いです。 歯が黄ばんだり煙草のヤニで茶色くなるのはステインが直接的な要因です。人の唾液にはペリクルという物質が含まれています。ペリクルは皮膜を作り歯を守る働きがあります。しかし、ペリクルは食品のポリフェノールやタバコのタールやニコチンを取り込んで歯にくっつく性質があり、このときにできるのがステインなのです。ステインは歯垢とは違います。 ホワイトニングには都市伝説のように様々な裏技がささやかれています。その1つにレモンがあります。レモン果汁でホワイトニングできるという噂があるのですが本当でしょうか?レモンは非常に酸っぱいことからも分かるように強い酸性を示します。ペーハーで言うとPH2.0くらいあり強酸です。これだけ強い酸性ですと歯を溶かしてしまいます。ホワイトニングのためにレモンを使うのはやめた方が良いでしょう。 ホワイトニングジェルを選ぶ時に、気になることの1つは料金のことではないでしょうか。歯医者で行うオフィスホワイトニングは費用が高く、相場では数万~十数万円もします。それを考えると市販のホワイトニングジェルも値段が高いかもと身構えてしまうかもしれません。しかし、実際はそれほど高額ではありません。大体3千円程度からのものが良いです。それよりも安い値段(千円以下)で買えるものですと、成分に研磨剤などが入っていて質が良くありません。お金を節約することは大切ですが、質の低いものを使って歯を傷めては元も子もありません。 ワンタフトブラシというものをご存知でしょうか?予防歯科の先進国であるスウェーデンでよく使われている歯ブラシです。日本で使われている一般的な歯ブラシと形状が違います。ブラシの先端が鉛筆の先のような形になっていて、磨き残しが無くなるというものです。使い方も一般的な歯ブラシと違うので、最初は練習しないと上手く磨けないです。ワンタフトブラシの使い方を説明する書籍なども販売されているので興味がある方は読んでみると良いです。磨き残しがなくなれば、虫歯のリスクも減ります。虫歯が進行すると歯を削って、銀歯にしなければならなくなり、白い歯とかけ離れてしまいます。また銀でなくセラミックなどの白い歯にすることもできますが、この場合保険の適用外になり、1本で数万円もかかり大変です。白い歯を維持するためにも虫歯にならないように気をつけることが大切です。 電動ハブラシでホワイトニングは出来るでしょうか?電動歯ブラシで磨いてもすでに付いてしまった着色汚れ(ステイン)を取り除くことはできません。食べかすを綺麗にして虫歯にならないようにしたりするだけです。通常のハミガキと同様に新たに着色汚れがつきにくくなる効果はあります。それでも完全に防げるというものではありません。電動ブラシで磨いくだでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを組み合わせて口腔内のケアをしましょう。家庭で出来るケアと、定期的な歯科検診を受けることで虫歯にならないようにし、いつまでも健康な歯でいられるように努力しましょう。
歯を白くするためには普通の歯磨きだけでは難しいです。歯が黄色くなるのはステインという着色汚れが原因ですが、歯磨きだけではなかなか除去できないからです。ステインを落として黄ばみ解消するおすすめのホワイトニングジェルを紹介します。