トップ > 虫歯の予防 > エナメル質を傷つけないようにする

エナメル質を傷つけないようにする

歯の周りにはエナメル質というものがあります。歯が白くツルツルとしているのはエナメル質があるからです。

虫歯を予防するためには、歯磨きが大切なことは皆さんもご存知の通りです。しかし、ブラッシングをするときに力を入れ過ぎたり、研磨剤入りの歯磨き粉を使っていたりするとエナメル質が傷つきます。再石灰化するので、少々の傷なら元に戻ります。しかし、毎日同じように傷つけていると、再石灰化でも追いつかなくなり、むし歯の原因になったり、黄ばみなどの汚れの原因になります。

歯磨き粉以外のケア

研磨剤入りの歯磨き粉はエナメル質を傷つけるので良くないと説明しました。しかし、研磨剤入りでないと十分に汚れが落とせないと心配されるかもしれません。
また、研磨剤入りの歯磨き粉を使っていなくても、毎日の食事でもエナメル質は削れていくことがあります。

そこで利用したいのが、歯磨き粉以外のケアです。色々な研究機関の研究により、歯垢ができにくくなる成分などが発見されています。特に注目されているのがGTOという成分です。GTOというのはウーロン茶抽出物とホップエキスからなる新成分です。歯垢内に存在する虫歯菌が酸を発生し歯を溶かすのが虫歯の直接的な原因です。GTOはこの酸を大幅にブロックすることで虫歯を防ぎます。

歯の周りにはエナメル質というものがあります。歯が白くツルツルとしているのはエナメル質があるからです。 虫歯を予防するためには、歯磨きが大切なことは皆さんもご存