トップ > 虫歯の予防 > 歯磨きで歯を白くできる?

歯磨きで歯を白くできる?

歯磨きで歯を白くしたいと思う方は多いでしょう。しかし、一度黄色くなった歯を通常の歯磨きだけで白くするのは難しいです。

通常の歯磨きでは難しいということは、通常でない歯磨きなら可能ということです。その方法はホワイトニングジェルを使ったブラッシングになります。ホワイトニングジェルについて説明する前に、なぜ普通の歯磨きではダメなのか説明します。

通常の歯磨きで歯を白くできない理由

すでに歯が黄色くなっているとしたら、その原因はステインとういう着色汚れです。このステインは歯磨きだけでは除去することが難しいのです。

歯磨きで白くしようとするとどうしても研磨剤入りの歯磨き粉を使うことになります。しかし、研磨剤は最初は汚れを落としてくれるかもしれませんが、同時に歯のエナメル質を傷つけます。するとエナメル質についた傷に着色汚れが付着するようになるのです。そのため、徐々に黄ばみが酷くなっていきます。研磨剤が入っていないものでも、力を入れてブラッシングを繰り返していると同じことが起きます。

このようにエナメル質を傷つけずに歯を白くするには、以前は歯医者でホワイトニングをしてもらうしか方法がありませんでした。しかし、歯医者でのホワイトニングは数万~10万円以上もします。そこで安価なホワイトニングジェルというものが登場しています。

ホワイトニングジェルとは

ホワイトニングジェルにもいろいろありますが、最初に歯磨きをした後にホワイトニングジェルでケアするものが一般的です。歯ブラシにジェルを塗って歯を磨くようにマッサージするだけです。ステインを浮かせて取り除く成分が入っているので、歯が白くなります。様々な種類がありますが、自然の成分で安全に作られているものもあります。歯医者で使う薬剤よりも刺激が弱いため、白くなるまでに時間がかかりますが、安心して使えます。大体1ヶ月ほど続けると効果が出てきます。

ホワイトニングジェルには、歯を白くするだけでなく虫歯予防に力を入れているものもあります。しっかり歯磨きをしても虫歯が出来てしまうという方がこれを使うと、虫歯を予防できるような成分が入っています。

歯磨きで歯を白くしたいと思う方は多いでしょう。しかし、一度黄色くなった歯を通常の歯磨きだけで白くするのは難しいです。 通常の歯磨きでは難しいということは、通常