トップ > 歯を白くする > 歯が黄色くなる原因

歯が黄色くなる原因

歯を白くキレイにするためには、なぜ歯が黄ばんでしまうのかという原因を知ることが第一です。仮にホワイトニングのケアをしても、黄色くなる原因が取り除けないと再び黄色くなってしまうからです。歯が黄色くなる原因を取り除き、歯を白くするケアをすることで、キレイな歯が手に入ります。

歯が黄ばんだり、くすんで黒っぽくなる原因は食事、タバコ、加齢、虫歯などです。これらの原因を知り、適切なケアをすることで歯を白くすることが出来ます。

食べ物による歯の黄ばみ

歯が黄色くなる主な原因は食事です。歯が黄色く汚れる原因となる食べ物や飲み物は、色の濃いものと言われています。例えば、コーヒーや緑茶、カレーなどです。しかし、実際は色の濃いものを飲まなくても黄ばんでしまう人もいます。
歯が黄色くなるのは、ステインと呼ばれる着色汚れが原因です。ステインを除去することで歯が白くなります。

タバコのヤニ

タバコを吸う人は、吸わない人に比べて歯が黄ばみやすいです。これはタバコのヤニによる汚れです。このヤニもステインです。タバコに含まれるタールがステインとなって黄ばみとなります。歯についたヤニ(ステイン)を取り除くことで歯が白くなります。

加齢によりくすむ

歯の表面は白くてツルツルとしたエナメル質で覆われていますが、年齢を重ねるとエナメル質が削れていきます。エナメル質が削れてくると、その下に隠れていた象牙質が見えてくるため、くすんで見えます。研磨剤入りの歯磨き粉を使ったり、ブラッシングのしすぎでエナメル質に傷がつくことがあるので注意が必要です。

むし歯や歯石

歯が虫歯になると茶色くなります。また、歯石がたまると汚れて見えます。この場合はセルフケアは難しいです。歯科医院で虫歯治療を受けたり、歯石除去を受けてキレイにします。

歯を白くキレイにするためには、なぜ歯が黄ばんでしまうのかという原因を知ることが第一です。仮にホワイトニングのケアをしても、黄色くなる原因が取り除けないと再び黄