トップ > 歯を白くする > ステインができるメカニズム

ステインができるメカニズム

歯が黄ばんでいると汚れて不潔に見えるだけでなく、実際よりも年齢が上に見えます。皆さんも、お年寄りは歯が黄色いというイメージをお持ちではないでしょうか。実際、歯を白くキレイにするだけで若く見えます。

歯の黄ばみの原因であるステイン

歯が黄ばむ主な原因はステインです。ステインというのは、歯についた着色汚れです。歯を白くするには、歯についたステインを取り除くことが重要です。そしてステインを除去したら、再びつかないように予防することで白い状態を維持します。

ステインができるメカニズム

皆さんもご存知の通り、歯の表面はエナメル質で覆われています。歯が白くツルツルに保たれているのは、エナメル質のコーティングがあるためです。エナメル質はさらに、ペリクルという皮膜で覆われています。
ここで人の唾液に含まれるペクリルという物質があります。ペリクルは虫歯の原因となる酸化からエナメル質を守る働きがあります。
ところが、ペリクルはステインを吸着してしまう性質と、時間とともにエナメル質に定着する性質があります。そのため、ステインが歯に定着してしまうのです。

ステインを除去するには?

歯を白くするためにはステインを取り除けば良いことがわかります。ステインを浮かせて剥がし、再び定着しないようにすれば歯が白くなります。
しかし、ステインを除去するために、研磨剤入りの歯磨き粉などでブラッシングすると、歯のエナメル質を傷つけてしまうことがあります。エナメル質が傷つくとそこに汚れがたまりやすくなり、さらなる黄ばみの原因になったり、虫歯の原因となります。つまりエナメル質を傷つけることなく、ステインだけを除去することが大切です。

歯が黄ばんでいると汚れて不潔に見えるだけでなく、実際よりも年齢が上に見えます。皆さんも、お年寄りは歯が黄色いというイメージをお持ちではないでしょうか。実際、歯