トップ > 歯を白くする > オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは

歯科医院で行うホワイトニングのことを特にオフィスホワイトニングといいます。歯医者で行うオフィスホワイトニングでは、強い薬剤を使用するので、短期間で効果が出てきます。しかし、薬剤の刺激が強いため、ヒリヒリとした痛みを感じる方もいます。
また、虫歯がある場合はホワイトニングはできません。まずは虫歯の治療をする必要があります。それから、詰め物などをしている場合、ホワイトニングができません。
オフィスホワイトニングをしたい場合は、まずは歯医者さんで相談しましょう。

オフィスホワイトニングは定期的に行う必要がある

オフィスホワイトニングは黄色くなった歯を白くするケアです。一度白くなったら、ずっと白いままという訳ではありません。時間の経過とともに、また歯に汚れがついてきます。オフィスホワイトニングをしたら、きちんと歯磨きしたり家庭でのケアをすることで、白い状態を長持ちできるようにしましょう。

オフィスホワイトニングは値段が高い

オフィスホワイトニングは1回で数万~10万円以上もします。しかも一度ホワイトニングしたら終わりではなく、汚れが徐々についていきます。汚れが酷くなったらまたホワイトニングしなければいけません。そう考えると、トータルではかなりの出費になります。
そこで安価にホワイトニングができるホームホワイトニングやホワイトニングジェルなどが登場しています。

安価なホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは最初に歯科医院でマウスピースを作ってもらいます。そして自宅でマウスピースに薬剤をつめて、それを歯にはめることでホワイトニングします。自分で行うため、オフィスホワイトニングの薬剤よりも効果が抑えられているため、効果が出るまで多少時間がかかります。それでも薬剤の刺激でヒリヒリする方もいます。ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングと同様に、一度白くなったからと行って、ずっと白さが続くわけではありません。汚れできたらまたホワイトニングが必要になります。

さらに安価なホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルは、ホームホワイトニングよりもさらに安くホワイトニングできる方法です。色々なタイプがありますが、歯磨きのあとでホワイトニングジェルを使ってケアするものが主流です。歯磨きと同じようにブラッシングするだけなので簡単です。ホームホワイトニングよりも効果が出るまでに時間がかかります。1ヶ月位かかるかもしれません。しかし、数千円から始められるのでとても人気です。
一度白くなっても、予防的に使い続けることができます。そうすれば再び黄色くなることを防ぐことができます。

歯科医院で行うホワイトニングのことを特にオフィスホワイトニングといいます。歯医者で行うオフィスホワイトニングでは、強い薬剤を使用するので、短期間で効果が出てき